キャッシングでおすすめなカード!銀行系よりも消費者金融が作りやすい!

キャッシングをする目的でカードを作るならおすすめは銀行系よりも消費者金融です。
私は銀行系のカードを作ろうとWEBで確認して申し込みをしました。

 

予備審査があって本審査に進むのですが、
予備審査にかなり時間がかかったのです。

 

1週間ほどあとに予備審査に通ったので
本審査に進むという通知が来ました。

 

色々と書類を用意して、
提出書類を作りました。
それを作るのも面倒だった記憶があります。

 

審査に受からなければカードを作れないと思って、
時間をかけて作った結果審査に落ちたのです。

 

落ちた理由は結局分からないままだったので、
銀行系のカードは諦めました。

 

 

 

次に消費者金融のカードを作ることにしました。

 

銀行系よりも作りやすいと聞いていたからです。
消費者金融で印象的だったのはスピードです。
銀行では予備審査に加えて、
本審査で2週間程度かかりました。

 

 

しかし、消費者金融では審査から数日で合格したのです。

 

銀行ではまだ合否の結果が分からない数日で、
消費者金融では審査に受かっていたのです。

 

また、申込書を提出するときに状況を説明すると、
懇切丁寧に説明してくれたのもよかったです。

 

用意する書類の説明や提出書類の書き込み方など
細かい点まで指導してくれました。

 

私が間違わないように書類の説明は細かかったです。

 

 

特に電話で提出書類を書き込みながら説明してもらえました。
躓くかもしれない点を先回りして教えてくれました。

 

私の理解力が低く何度も聞き返したのにも
イライラせずに対応してくれたのです。

 

消費者金融ではどのように書けば
合格しやすいかも教えてもらえました。

 

例えば、私の年収では
この希望額を超えると審査に通らないなどです。

 

具体的な数字を出して教えてくれたので、
それ以下に設定することで上手く合格できました。

 

知らなければ合格できない金額で希望額を出していたかもしれません。
審査にかかる時間や説明してもらえることを考えると、
銀行系よりも消費者金融の方がおすすめです。

キャッシングを利用する時は各社の融資のポイントを押さえるのが大事

私は給料日前に生活費が不足した場合に、
数万円程度借入をするために、
数か月に一度の頻度で消費者金融のキャッシングを利用する機会があります。

 

 

消費者金融と言っても業者によってサービスの内容に違いがあるため、
初めての業者から借入をしたい時は、
審査の申込をする前に公式サイトやリピータの口コミなどを参考にして、
融資に関する基本的なポイントを押さえておくのが大事だと思っています。

 

過去に私が借入をしたことがある業者の中でも、
大手銀行の子会社になっているところは審査基準が厳しく、
融資を受けられるまでに時間が掛かったことが印象に残っています。

 

 

一方で、カスタマーセンターのオペレーターの方に
借入額に関する相談に乗ってもらえたのはもちろん、
ネット上で自宅に居ながら返済のシミュレーションができたため、
初めて融資を受けた時にも不安に感じることが無く利用して良かったです。

 

 

私は、なるべくキャッシングの利息の支払額を少なくしたかったので、
評判が良い消費者金融の貸付金利を比較したり、
借入や返済の時の手数料が安いところを探したりしました。

 

中小規模の消費者金融の中には、
キャンペーン期間中にキャッシングに関する各種手数料が無料になるところや、
返済期間を自由に選べるところが多くあったので、
結果的に他の業者よりもお得に借入ができ満足しています。

 

 

キャッシングを効果的に使いこなすポイントを掴みたい時は、
やはり信頼のできる融資担当のスタッフが揃っている
消費者金融を見極めるのが重要だと感じています。

 

 

なお、少しでも借入の仕方や返済の進め方について分からないことがあれば、
電話相談ばかりでなく消費者金融の店頭を訪れて
直接担当者と話し合いをするのも良いかもしれません。

 

 

その他、キャッシングは契約先によりますが、
借入を希望するタイミングによって返済しやすくなったり、
魅力的な特典を付けてもらえたりすることもあるため、
時間に余裕を持って複数社の最新情報を集めるのが大事だと思います。

初めてのキャッシング手続きを安心して進めることができた体験について

私はかつて転職した際に手持ちのお金が足りなくなったことがありました。

 

職場の給料が振り込まれるまでの日数が長く、
要らない物を売ってお金にしようと思いましたが、
引っ越ししたばかりで必要最低限の物しか持っていなかったことも
不安に拍車をかける要因でした。

 

 

友人に借金を頼もうかと考えたこともありましたが、
金銭トラブルに発展する心配があったので
結局は実行せずに終わりました。

 

どうやってお金を作ろうかと悩んでいる時に
テレビでキャッシングのコマーシャルが流れているのを見た時の
衝撃は今でも忘れられません。

 

キャッシングという言葉があるのは知っていましたが、
それを自分が行うとはその時まで思いもよらなかったのです。

 

 

今まで一度もキャッシングを行ったことが無かったので、
何をどうすれば良いのかがわからず、
インターネットで何度も検索しました。

 

当時の私はキャッシングと言えばどこかのサラ金業者に出向いて、
窓口で怖いおじさん相手に土下座をして
お金を借りるというイメージを持っていたのを覚えています。

 

 

しかしコマーシャルの内容はカードをATMに入れて手続きを行う、
イメージとはまったく異なるものだったので
真偽を確かめる気持ちもありました。

 

すぐに私が抱いていたイメージが誤りで、
実際は申し込み手続きはネットで済ませることができることを
その時になって初めて知った次第です。

 

さっそく必要事項を入力して申し込み、
勤務先の在籍確認などの審査を経てお金を借りることができました。

 

 

申し込み時に登録した銀行口座にお金が振り込まれたのを確認した時、
こんなに手軽な手続きで済むならもっと早く利用すればよかったと後悔しました。

 

それほど簡単でスムーズな手続きだったことは今でも鮮明に覚えています。
キャッシングには怖いイメージがありましたが、
毎月の返済計画をしっかりと立てて、
自分の収入に見合った金額だけの利用に留めれば
安心して利用できることを知ったのは良い勉強になったと思います。

 

ソフト闇金