キャッシングを消費者金融ではなく三井住友から借りて感じたメリット

消費者金融ではなく三井住友のキャッシングを選んだ理由は金利にあります。
実質年率4.0%~14.5%という低金利に魅力を感じたのです。
14.5%を超える金利設定になる心配がないのは大きな魅力だと思います。
消費者金融の金利を見てみると、
上限は18.0%の会社が大半でした。
低くても17.5%という金利でしたから、
14.5%は相当に魅力的でした。
実際に適用された金利は14.5%で、
金利幅のなかでも最高金利でしたが、
それでも高くは感じなかったです。

 

 

キャッシングの契約金額は10万円で、
これは10万円が契約可能額の最低額になっていたからです。
三井住友キャッシングの公式ホームページを見ると、
100万円以下の利用額だと利率は12.0%~14.5%とありました。
最低利率の4.0%で借りるためには、
700万円超800万円以下の借り入れをする必要があるそうです。
三井住友キャッシングは正真正銘の銀行ローンなので総量規制の対象外ですが、
現実的に800万円を借りるのは相当にハードルが高いでしょうね。

 

 

ローンの返済日は15日に設定していますが、
臨時返済を活用してなるべく早く完済するようにしています。
借りたお金はなるべく1回で完済するようにしていますが、
多くても2回までと自分のなかで決めています。
インターネットバンキングでの返済もできるので、
使い勝手は大手消費者金融とまったく変わりません。
消費者金融と比較して有利な点といえば低金利と総量規制対象外になることですが、
総量規制に関しては微妙なところだと思います。
キャッシングから年収の3分の1を超えた借り入れをする状況にはなりにくいからです。

 

 

総合的に判断すると、
三井住友のキャッシングは非常にバランスがよいです。
カードローンWebサービスのページから、
利用明細や契約内容・取引状況などを確認できます。
このサービスを利用すると、
振込融資に対応してもらえるので助かります。
口座残高が少ないときに利用しており、
振込手数料が発生しないのもいいですね。
また口座残高不足のときに自動融資をしてくれるバックアップサービスも重宝しています。
以前は公共料金の引き落とし分が不足するケースが多々あったのですが、
現在はバックアップのおかげで皆無になりました。